【ASD成長記録】相手の顔を見てバイバイができました♪(2歳6ヶ月)

スポンサーリンク

 

こんにちは!

オイラは自閉症スペクトラム児のユッキー♪

 

オイラ、ついに「相手の顔を見てバイバイ」ができたよ(≧∇≦)/

今までのオイラのバイバイは「顔はそっぽ向いたまま、腕も下に伸ばしたまま、手首だけひねってバイバイ」だったんだ。

それでもオイラの周りの人は「ユッキー君なりのバイバイしてくれるんだね♪」って喜んでくれてた。

 

でもね、その日の朝はちがったんだ。

 

その日、オイラは朝6時過ぎから母ちゃんと近所をお散歩してた。(これも療育の1つらしい)。

オイラは葉っぱが好きだから、ご近所に植えられている植物の葉っぱを楽しみに散歩する。

たまにオイラの大好きなワンワン(犬)にも会えるんだよ♪

 

ご近所と公園をぐるっと一周してオイラのおうちに帰ってきたら、いつもオイラと遊んでくれる近所のお姉ちゃんがおうちから出てきたところだった。

いつもオイラを「かわいい~っ♪」ってかわいがってくれるお姉ちゃん。

その日もオイラに「ユッキー君、おはよう!」って声をかけてくれた。

朝早くからパパと一緒に「ツリ」にお出かけするんだって。

 

それで、「ユッキー君、ばいばい♪」って手をふってくれたんだ。

だからオイラもお姉ちゃんを見ながら、お姉ちゃんがそうしていたように手をあげてバイバイした。

「あ~っ、かわいい~!」ってお姉ちゃんが笑って手をふってくれる。

お姉ちゃんのパパさんもニッコリ笑って手をふってくれた。

 

オイラの後ろにいた母ちゃんも同じように手をふりながら・・・すごい勢いで感動していたらしい(笑)

オイラが人の顔を見ながら手をあげてバイバイしたの、生まれて初めてだったからね。

 

6ヶ月前なんて、オイラ母ちゃん以外の人と目を合わせることもできなかったからなぁ(^_^;)

 

その日から、オイラはときどき人の顔を見ながらバイバイができるようになったよ♪

その時の気分でできないこともあるけどさ。

オイラはまだ2歳6ヶ月。

療育を始めてからたった半年でこれだけできるようになったんだもの。

きっと普通にできるようになる日がくるさ♪

 

オイラをあたたかく見守ってくれるご近所さん達、いつも本当にありがとう!!!

 

(母ちゃんより:ご近所さん達はユッキーが自閉症スペクトラムだと知った上で仲良くしてくれています。本当にありがたいことです。)

タイトルとURLをコピーしました